水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 老化をもたらす活性酸素とは何か » 除去するための方法

除去するための方法

活性酸素から身体を守る役割を持つのが「抗酸化物質」。抗酸化物質は酸化されやすい性質を持っています。

そのため、活性酸素が生体を酸化するより先に抗酸化物質が酸化されるのです。

活性酸素を除去するために抗酸化物質を取り入れる

抗酸化物質が多ければ多いほど、活性酸素から身体を防御する力は高まります。

しかし、抗酸化物質は体内でも生成されますが、20代をピークに徐々に低下を始めるので注意が必要。意識的に抗酸化作用を持つ食品を摂取する必要が出て来ます。

抗酸化作用を持つ食品は、疲労回復効果や新陳代謝をアップする効果もあります。

それぞれの食品によって含まれている抗酸化物質は異なるので、できるだけたくさんの食品を摂取するように心がけたいものです。

抗酸化作用の高い成分と食品

【ビタミンC】

水溶性ビタミンなので、血液中など水分の多い場所で抗酸化作用を発揮。毛細血管・骨・軟骨・結合組織などを強化する働きがあります。

  • 多く含まれる食品
    いちご・グレープフルーツ・レモン・キウイフルーツなどの果物類、パセリ・キャベツ・ブロッコリー・ほうれん草などの野菜類

【ビタミンE】

ビタミンEは、活性酸素を抑制する効果のあるビタミン。抗酸化力を高めるにはビタミンCが欠かせないため、一緒に摂取するのがおすすめです。

  • 多く含まれる食品
    アーモンド・くるみ・落花生などのナッツ類や、ごま油・アボカド・大豆・ウナギなど

【ポリフェノール】

ほとんどの植物に含まれる成分で、約5千種類以上あると言われています。お茶に含まれるカテキンや、大豆イソフラボンなどもポリフェノールの1種です。

それぞれの種類ごとに効能は異なりますが、共通しているのは高い抗酸化作用。活性酸素の除去に効果を発揮します。

  • 多く含まれる食品
    りんご・ココア・サツマイモ・ごぼう・ブドウ・ヤーコン・桑の葉など

【アントシアニン】

ポリフェノールの一種で、紫色の色素。アントシアニンは活性酸素の発生を抑制し、血液をキレイにする作用があります。眼精疲労への効果も注目されています。

  • 多く含まれる食品
    ブルーベリー・赤ワイン・アメリカンチェリー・小豆・桃・なす・黒豆など

【カロチノイド】

βカロテン・リコピン・βクリプトキサンチンがカロチノイドに該当します。

βカロテンはパセリや人参、ほうれん草などに豊富。リコピンはトマトの赤い色素 に含まれる成分です。βクリプトキサンチンは、日本の温州ミカンに多く含まれる成分で、近年注目されています。

とくに、βカロテンは活性酸素の抑制作用の ほか、ガン予防の効果もあります。

  • 多く含まれる食品
    パセリ・人参・ほうれん草・トマト・温州みかん・さやえんどう・緑茶・ひじき・ビワ・モロヘイヤ・ブロッコリー・大根葉・マンゴー・緑茶など

【アスタキサンチン】

自然界に存在する赤色色素で、カロチノイドの1種。抗酸化力はビタミンEの500倍、βカロテンの40倍以上と言われています。

  • 多く含まれる食品
    鮭・いくら・鱒・牡蠣・豚レバー・ウナギ・豚もも肉・納豆・ホタテ貝・牛肉など

【ゴマリグナン】

ゴマリグナンは、ゴマに含まれる物質。よく聞くセサミンは、このゴマリグナンの1種です。

ゴマリグナンは強力な抗酸化物質なので、ゴマの抗酸化力は非常に高いものと言えます。ゴマ油が他の食用油と比較して酸化しにくいのは、この抗酸化作用によるものです。

  • 多く含まれる食品
    ゴマ

【コエンザイムQ10】

活性酸素から身体を守る抗酸化作用と、細胞のエネルギー生成力を高める働きを持ちます。アンチエイジングの決定的成分として注目されている成分です。

  • 多く含まれる食品
    レバー・アボカド・ピーナツ・大豆・ほうれん草・イワシ・米ぬかなど