水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 老化をもたらす活性酸素とは何か » 活性酸素とは

活性酸素とは

人は、呼吸により酸素を取り込みます。その酸素のほとんどは水素と結合して水になりますが、一部は結合せずに活性酸素となってしまいます。体内に入る約2%の酸素が、活性酸素として発生すると言われています。

活性酸素とは何か

活性酸素は、細胞がエネルギーを生成する際に必ず発生するものです。

問題なのは、体内に活性酸素の量が増えすぎること。細菌や有害物質が体内に入った場合や、過度なストレスやスポーツ、紫外線などの刺激が、活性酸素を過剰に増やす原因として挙げられます。

活性酸素を除去することによって、病気、老化の進行を予防する効果もあります。細胞や遺伝子のダメージをきっちりとケアし、身体を健康に保ちましょう。

活性酸素には善玉と悪玉がある?

活性酸素はすべて悪いものと思われがちですが、実は身体に有益な善玉活性酸素と、悪影響を及ぼす悪玉活性酸素の2種類があります。

  • 善玉活性酸素
    呼吸や食べ物によって体内に侵入してきた細菌・ウイルス・有害物質等を撃退するために、白血球から放出されます。風邪や病気などから身体を守る免疫作用を持つ、重要な物質です。
  • 悪玉活性酸素
    さまざまな原因で過剰に作り出された活性酸素は、正常な細胞や遺伝子を傷つけ、さまざまな被害をもたらします。また、体内にある不飽和脂肪酸と結合することで酸化し、過酸化脂質に変化。過酸化脂質は細胞を老化させ、身体を錆びさせてしまいます。人の老化や病気の原因となるのは、この悪玉が主な原因であると言われてます。

以上のことから、活性酸素をすべて取り除いてしまうのはNG。大切なのは、身体に悪い悪玉活性酸素だけを取り除くことです。

高い抗酸化作用を持つビタミンCなどは、善玉も悪玉も関係なく取り除いてしまいますが、水素水には体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素だけを除去する作用があります。

活性酸素が人体にもたらす影響

活性酸素は、全身の細胞に影響を与える物質です。増えすぎると体内のあちこちで結合できる相手を探しまわり、手当たりしだいに結合して酸化を促進させていきます。

過剰な活性酸素による酸化こそが老化・病気の元凶であることが、近年の研究により明確になってきました。病気には数多くの種類がありますが、現代の病気の90%以上は活性酸素が関わっていると言われています。活性酸素によって細胞が傷つくと、内臓・皮膚・骨などの組織がダメージを受け、老化や病気になる可能性が増えていきます。

人の身体は60兆個の細胞で出来ていますが、そのすべてが活性酸素の危険にさらされています。最も怖いのは、活性酸素が細胞の奥深くまで侵入してしまうこと。細胞の奥には遺伝子(DNA)があり、遺伝子が傷つくとガンになる恐れがあるのです。

また、活性酸素と不飽和脂肪酸が結合してできる過酸化脂質が皮膚で発生すると、シミ・しわ・くすみなどの原因になりますし、血管内に増えれば動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞の原因となります。

活性酸素が人体や健康、美容にもたらす影響は多大なもの、抗酸化物質を積極的に摂取し、体内の活性酸素量を減らすことが大切です。