水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 水素水の正しい選び方を知る » 水素濃度をチェックする

水素濃度をチェックする

水素水を選ぶポイントとして、水素濃度のチェック方法について解説します。

水素水のタイプごとに水素濃度を比較

水素水サーバー・スティック・パックなどの溶存水素量の平均は以下の通りです。

  • 水素水サーバー:1600ppb(アキュエラブルーの場合)
  • スティックタイプ:0~100ppb(生成する度に濃度が違うため不安定)
  • アルミパック:100~1,000ppb(製品によって違う)
  • ペットボトル:0ppb

活性酸素の中和には、200ppb以上の水素濃度が最低限必要であるとされています。研究データによると、400ppb前後の水素水がパーキンソン病に対して最も高い効果を示したという結果もあるそうです。

水素水の飲み方ですが、最低基準の濃度を持った水素水をこまめに摂取することが大切。濃度の高い水素水と言っても、開栓前やコップに出した直後だけなので、あまり意味はないようです。

ちなみに、100ppb以下の濃度では、活性酸素の除去効果はほとんど期待できません。市販のパックやボトルなどでは、飲用時にはすでに水素が抜けきってしまっているものもあるようですが、鮮度を保ってしっかり密封してあるものもあるので、しっかり選んで購入するようにしてください。

水素水の濃度と効果の関係

水素水の効果を期待するなら、やはり濃度の高いものを選びたい…と思いますよね。

水素水を選ぶときにチェックしたいのは、溶存水素濃度。その水素水の中に、どれだけ水素が含まれているかを示す数値です。この量が少ないと、健康に必要な水素量を摂取するために多量の水を飲まなければならなくなります。効率よく水素を取り入れるためにも、溶存濃度は必ずチェックしてください。

溶存水素濃度の単位は、ppm(ピーピーエム)もしくはppb(ピーピービー)で表示されています。1ppm=1000ppb、この数字が多ければ多いほど水素量が多いと言えます。