水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 症状別に見る水素水の効果・効能 » アトピー・アレルギー

アトピー・アレルギー

アトピー・アレルギー症状を軽減する効果を持つ、水素水について詳しくまとめました。

アトピー性皮膚炎の原因と、水素水の効果

アトピー性皮膚炎とは、慢性的な湿疹を繰り返す皮膚の病気。子供から大人まで、幅広い年齢層に見られるのが特徴です。

アトピー性皮膚炎の人に多く見られるのは、肌のバリア機能の低下。バリア機能が低下すると外部からの刺激に弱くなり、ちょっとした刺激でも過敏に反応するようになります。

治療には抗アレルギー剤やステロイド療法、食事療法などさまざまな方法がありますが、ハッキリとした治療法が確立されていないのが現状です。

アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は人それぞれで、明確な原因がハッキリしていません。原因である可能性が高いものを挙げるとすれば…

  • 食生活の乱れ、偏食
  • 強いストレス
  • 大気汚染やハウスダスト
  • 紫外線…など

以上の項目を見ると、すべて活性酸素が増加する原因と一致していることから、アトピー性皮膚炎も活性酸素が原因であると言われています。

炎症が起きるとヒスタミンという物質が神経を刺激してかゆみを引き起こし、炎症のある部分には活性酸素が大量に発生。活性酸素は細胞を傷つけてしまうので、どんどん炎症が広がっていくというメカニズムです。

このかゆみは、夜中の眠っている間や寝つく時間帯に特に強くあらわれます。

放っておけば、「かゆみで眠れない」「寝不足になる」「更にかゆみが増す」といった悪循環に陥り、アトピーが更に悪化してしまうことも。

かゆさが原因で眠れないときには、睡眠サプリを試してみるにも良いでしょう。特におすすめなのは、寝付きと睡眠の質をサポートする「テアニン」という成分が配合されたサプリメント。

テアニン配合のサプリについては下記ページで詳しく紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

参考サイト:睡眠サポート成分テアニンの入ったおすすめサプリ|眠れない人のための駆け込みサイト

アトピーの改善に必要なのは、活性酸素の除去です。活性酸素を取り除けば炎症を鎮静化することができ、次第に肌のバリア機能も回復していくと言われています。

そこで役立つのが、高い抗酸化作用を持つ水素水。水素水の摂取方法は、飲用するのはもちろん、コットン等にしみこませて、患部を覆うことも有効だそうです。

水素水は飲みやすいため、子供から大人まで簡単に摂取可能。しかも、副作用も刺激もないため、アトピーの安全な改善策として注目を集めています。

水素水のアレルギーへの効果

近年、花粉症・喘息・シックハウス症候群など、さまざまなアレルギーに悩まされる人が多くなっています。

アレルギー症状が起こる原因の一つとして、活性酸素は、ほこりや花粉などのアレルゲンが身体に入ってしまうことでも、過剰反応によって発生してしまいます。

基本的に、人体を構成する細胞は膜に覆われているので、ほこりや花粉(アレルゲン)を侵入させません。

活性酸素で細胞が傷つけられてしまうことによって、アレルゲンの侵入を許してしまいます。

水素水は、細胞の隅々にまで浸透して活性酸素を除去、傷ついた細胞膜を元に戻す働きを持っているため、アレルギー症状の改善にも有効であると言われています。