水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 症状別に見る水素水の効果・効能 » 疲労

疲労

水素水の抗酸化作用が、疲労回復にどのような効果があるのかを紹介。

水素水の疲労回復効果に迫る

疲労の原因は「乳酸」であると思われていますが、実は、体内に蓄積した活性酸素が原因となっていることが近年の研究で判明しています。

脳や筋肉を使うときは細胞がエネルギーを作り出しますが、その時に必要となるのが酸素です。疲労は、不要になった酸素が活性酸素になり、蓄積していきます。その結果細胞が傷つけられて、身体全体の機能が低下します。

寝不足や運動など、身体に無理をさせればさせるほど酸素はたくさん消費されるので、活性酸素が増え、疲労度が増すというわけです。

水素水は、身体に溜まった活性酸素と結合して、一緒に対外に排出してくれる働きをもっています。

結果として、活性酸素が体内から出ていき、疲労が回復していきます。

ちなみに、地球上に存在する物質の中で、最も強い抗酸化力を持つのが水素。その効果は、ビタミンCの176倍、ポリフェノールの221倍、リコピンの160倍と、他の抗酸化物質と比較しても圧倒的。さらに、水素は地球上で最も小さい分子でもあるので、メリットとしては、細胞の隅々まで行きわたります。

表面上だけの回復でなく、細胞レベルで疲労を回復させられるのが水素水なのです。

疲やすい状態に陥る原因とは?

体内には、蓄積した活性酸素を除去する抗酸化酵素(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ:SOD)が存在しています。

しかし、SODは20代をピークに減少をはじめ、30~40代以降は大幅に減少。20代を100としたら、30代は60、40代では約40にまで減ってしまうのです。

その結果、歳を取るごとに疲労回復速度は遅くなっていきます。

また、以下のような状態になると活性酸素は大量に発生し、疲れやすくなります。

  • 強いストレスを受ける
  • 激しい運動をする
  • 寝不足
  • 風邪などの病気
  • ケガ
  • 紫外線を浴びる
  • 喫煙など

疲労を回復させるには

疲労の回復を早めるには、活性酸素を取り除く抗酸化物質の摂取が欠かせません。ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどを多く含む食品を積極的に摂り、SODの減少を補うことが大切です。

なかでも、抗酸化作用の高い水素水は、摂取してから約20分で全身の細胞に行きわたるため、疲労回復スピードが非常に速いのが特徴。

日常的に飲み続けることで、疲れにくい身体を手に入れることができるでしょう。