水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 症状別に見る水素水の効果・効能 » 高血圧

高血圧

高血圧の主な原因の1つである活性酸素と、活性酸素の除去効果を持つ水素水の効能についてまとめました。

水素水の高血圧への効果・効能

昨今、深刻な問題として注目されている生活習慣病の中に高血圧は含まれます。

生活習慣の乱れ(飲酒・喫煙・偏った食生活)が主な原因とされています。

数値で言えば、最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧症と診断されます。

高血圧症には、頭痛・耳鳴り・動悸・息切れなどの症状がありますが、ハッキリと高血圧と分かる自覚症状に乏しく、早期発見が難しいとされています。

生活習慣が乱れ・悪化すると、活性酸素が増加していきます。増加した活性酸素が体内の不飽和脂肪酸と結びつくと、過酸化脂質へと変化。これが血管の内部にこびりつき(動脈硬化)、血液が流れにくくなることで高血圧が発症します。

これを防ぐには、体内に余分な活性酸素を溜めておかないことが大切。速やかに活性酸素を除去する抗酸化物質として、注目されているのが水素水です。

水素水を摂取することで活性酸素が過酸化脂質を生成するのを防止、血流の流れが悪くなるのを予防することができます。

また、ストレスが蓄積すると一気に血圧が上昇して活性酸素が発生、身体にダメージを与えてしまいますが、それを防いでくれるのも水素水。

ストレスがたまったと感じてから飲むよりも、感じる前に飲むのが正解。そのためにも、日常的に水素水を摂取する習慣をつけたいものです。

高血圧の合併症、脳梗塞と心筋梗塞

活性酸素が作り出す過酸化脂質が血液中に増えると、血液はドロドロ状態になって流れにくくなります。すると、細胞の活動に必要な栄養・酸素が行き渡らなくなり、血管の柔軟性が失われて脆くなってしまいます。

長期間血液がドロドロ状態だと、血管内で固まり「血栓」が発生。過酸化脂質の影響で脆くなった血管は柔軟性がないため、血栓が血管内で引っかかりやすくなり、血流をせき止める可能性が高くなります。

これが脳の血管内で起こり、血流が止まってしまう症状を「脳梗塞」心臓内の血管が止まる症状を「心筋梗塞」と言います。

脳梗塞も心筋梗塞も、高血圧の合併症です。これらを防ぐには、血圧の安定化が最優先事項。生活習慣の改善と共に、高血圧の原因となる活性酸素を取り除く抗酸化物質を積極的に摂る必要があるのです。

ちなみに、水素水を日常的に飲むことで、血圧が正常値に近づいたり、症状が安定したという声も多数寄せられています。