水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 症状別に見る水素水の効果・効能 » 神経疾患

神経疾患

神経疾患の予防効果が期待される水素水の効能や、さまざまな神経疾患の例と症状を紹介。

神経疾患に対する水素水の効能・効果

神経疾患とは、さまざまな原因により神経細胞が変性していく病気の総称。神経細胞が活性酸素によって破壊され、症状が発生すると言われています。

主な神経疾患には、以下のようなものがあります。

  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病:老人性痴呆疾患の1つ
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS):筋肉の萎縮・筋力低下などの症状を持つ神経変性疾患
  • プリオン病:狂牛病、BSE、ウシ伝達性海綿状脳症とも呼ばれる
  • ポリグルタミン病:ハンチントン舞踏病などの遺伝性疾患

これらの神経疾患は、それぞれ痴呆・運動失調・筋力低下・震えなど特有の症状を示し、明確な治療法は確立されていないとされてきました。

しかし、近年では高濃度の水素を溶存させた水である「水素水」を飲むことで、これらの神経疾患の予防・治療できるのではないかという可能性が示されています。

水素は分子が非常に小さいため、細胞の隅々にまで浸透して作用するのが特徴。しかも、悪玉活性酸素のみを選択して除去してくれるため、高い予防効果が期待されています。

パーキンソン病と水素水

パーキンソン病とは、1817年にジェームズ・パーキンソンが初めて報告した病気。脳内の神経細胞が活性酸素などにより変性・脱落し、神経伝達物質の1つであるドーパミンが不足することで起こると言われています。

主に40~60歳代に発症する病気であり、手足の震え(振戦)・手足のこわばり(筋強剛)・動作緩慢・倒れやすくなる(姿勢反射障害)などが主な症状。

治療法としては、不足したドーパミンを補給する薬物療法や、運動療法によるリハビリテーション、手術による外科治療があります。

しかし2009年、パナソニック電工と九州大学大学院薬学研究院が行った研究により、水素水がパーキンソン病に有用である可能性が示されました。水素水を摂取することで、パーキンソン病の症状である脳の神経細胞の脱落を抑制できたのです。

また、その原因である、活性酸素による遺伝子(DNA)の酸化損傷を抑制する効果も確認されました。これらの研究結果により、水素水がパーキンソン病の治療に有用である可能性が高まったのです。

薬物療法に頼らないパーキンソン病の新たな治療法として、今後のさらなる研究が期待されています。