水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 症状別に見る水素水の効果・効能 » むくみ

むくみ

体がむくむ原因と、水素水によるデトックス効果を解説しています。

身体のむくみと、水素水のデトックス効果

身体がむくむ原因には、主に以下のようなものがあります。

  • 就寝前に水分を摂りすぎた
  • 塩分の摂りすぎ
  • ストレスや疲労が原因で腎機能が低下している

これらが原因で、身体の余分な水分や老廃物が皮膚の下に溜まっている状態を「むくみ」と言います。

身体に溜まった余分な水分・老廃物を除去することをデトックスと呼びますが、水素水でもその効果を得られます。

水素水で正しくデトックスを行えば、むくみの解消だけでなく、病気の原因となる活性酸素の除去や内臓機能の回復も行えるため、デトックスには最適ですね。

水素水でデトックスする方法

デトックスを行う場合は、1日1.5リットル以上の水を摂るようにします。ただし、1回でがぶ飲みするのではなく、数回に分けて少量ずつ飲むことが大切です。

飲むタイミングはいつでもOKですが、起床後にコップ1杯の水素水を飲むと胃腸の機能が活発化し、デトックス効果が高まるので◎。入浴後、身体が温まって汗が出ている状態で水素水を補給するのもオススメです。

夏や冬、運動後などでも飲む量は変わって来ますので、臨機応変に量を調整しながら飲むようにしましょう。

水素水によるデトックスで老廃物を排出したら、有害物質を身体に溜め込まないようにすることも大事。生活習慣や食習慣を改善し、身体がむくまない生活態度を心がけましょう。

また、水素水によるデトックスでもむくみが解消しない場合は、内臓疾患が原因である可能性もあるので、専門医で検査を受けるようにしてください。

十分な水分摂取は腎臓の負担軽減にも繋がります

身体の老廃物をろ過してキレイにし、尿として排出するクリーニング工場が「腎臓」です。腎臓が1分間に作る尿量は約1ミリリットル、1日に1440ミリリットルの尿が作られる計算となります。

水分の摂取量が少ないと腎臓に老廃物が留まる時間が長くなり、負担をかけてしまいます。腎臓への負担を軽くするには、積極的に水分を摂取し、頻繁に排尿することが大切なのです。

デトックスでしっかり水分を摂取することは、腎臓機能の健康にも繋がっています

一度腎機能が低下してしまうと、その機能を回復させるのは困難です。血液の浄化を促進する水分補給も控えなければならなくなり、最終的には腎不全⇒人工透析となる可能性も高まります。

腎臓は沈黙の臓器、異常に気づいたときには重病化しているケースも多々あります。腎機能を低下させないためにも、身体に良い水をこまめに補給し、腎臓に負担をかけない生活を心がけたいものです。