水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 効果的に水素水を取り入れる5つの方法 » その他・水素風呂など

その他・水素風呂など

飲む以外の水素の摂取方法・利用方法として、水素風呂や水素ミスト、水素バーなどを紹介します。

水素風呂の利用方法

湯治として古来より利用されている温泉には、水素が豊富に含まれていることが分かっています。

水素が含まれたお風呂に入ると、血行の促進・筋肉や関節疲労の緩和・ストレスの消去などに効果アリ。その理由は、お湯に溶けた水素ガス分子が皮膚・肺から血液に入って細胞に届き、有害な活性酸素を取り除くからです。

ちなみに、水素風呂に入ってから約7分で水素が全身に行きわたることが分かっています。水素風呂は38~40℃ほどのぬるめの温度で、15~20分かけて腰湯または半身浴を楽しむと良いようです。ぬるいめのお湯ではありますが、水素の効果で芯から温まるため、冷え性の方にも最適です。

この水素風呂は家庭でも再現可能です。入浴剤や水素発生器、カートリッジ式などがありますが、素早く水素が発生するものがおすすめ。

水素ミストや水素バー

水素ミストは、肌に直接水素を浴びることができるものです。専用のミスト発生器や美顔器、ボトル式のミストスプレーなどがあります。

「水素水をスプレーボトルに入れて使えばいいのでは?」と思うかもしれませんが、水素の分子は宇宙で一番小さいため、すぐ空気中に放散してしまうという性質があります。そのため、通常の水素水をミストとして使用するのは難しいのです。

水素ミストには美肌効果だけでなく髪の潤いを保つ効果もあるため、身体を若々しく保ちたい方にオススメです。

また、水素水から発生した水素ガスを直接吸引する「水素バー」なるものもあります。

水素を吸引すると水素が細胞質まで素早く入り込み、活性酸素を除去。細胞のエネルギー代謝を高める働きもあり、疲労回復に役立ちます。

専用の施設で吸引するのが一般的ですが、家庭用の高濃度水素吸引器ハイドロヴィータなどもあります。