水素水の効果・効能徹底調査ガイド » 効果的に水素水を取り入れる5つの方法 » 水素スティック

水素スティック

水素スティックの特徴と使用方法、メンテナンスの必要性について解説しています。

水素スティックとは

水素水スティックは、水素を発生させるスティックを水の入ったペットボトルなどに入れておくことで、簡単に水素水を作ることができる製品です。

水道水を使うことができ、1本のスティックで6ヵ月~1年ほど使用できるため、コストが安く人気を集めています。

ただし、メーカーによってスティックの耐久性や水素の発生量・スピードなどに差があるため、使いやすく信頼できるものを選ぶことが大切。製品によっては、6ヵ月使用できると謳いながら、実質4ヵ月ほどしかもたないものもあるようです。

また、水素水スティックは1ヵ月に1~2度の割合でメンテナンスを行う必要があります。きちんとメンテナンスを行わないと、水素の発生が維持できなくなる恐れがあるため、注意が必要です。

スティックタイプのおすすめは「ドクター・水素水」

水素水スティック「ドクター・水素水プレミアム」ドクター・水素水は、ペットボトルの水にスティックを入れるだけで水素水が作れるアイテム。現在は、従来品より品質がグレードアップしたドクター・水素水NEU PREMIUM(ノイプレミアム)を販売しています。

こちらは原材料が1.5倍に増加しており、水素の量も30%アップ。溶存水素濃度は、500mlのペットボトルにスティック1本を入れ、12時間後に測定した数値で約1300ppb(1.30ppm)。酸化還元電位は、-50~255mVとなっています。

1本につき2リットルの水素水を作った場合、約6ヵ月間使用できるとのことです。従来品は1ヵ月に1度のメンテナンス(穀物酢洗浄)が必要でしたが、ノイプレミアムではそれが不要となりました。

また、不純物を除去するゼオライトS、体内の各種調整を行う医王石Sを新たに配合、水の味もまろやかになったとのことです。

  • 1箱(3本セット):13,440円

水素水のオススメ商品ランキング≫≫

その他の水素水スティック

【水素水ツクルーノ】

日本発、世界初の特許を取得したドクター林によって開発された水素水スティック。ドクター林が発表した「水制御学説」に基づいた、活性酸素やフリーラジカルを除去する効果を持つ水素水を作ることができます。

使用方法は、ペットボトルやプラスチック製のケトルなどに水を入れ、スティックを入れるだけ。1本で6ヵ月の効果を発揮。0.5リットルには1本、2リットルには2~3本のスティックが必要となります。1ヵ月に1度、食酢によるメンテナンスを行います。

  • 1本入り:3,990円

【エピアの水素水】

エピアの水素水は、活性水素水を自宅で生成できるスティック。水を汲んだペットボトルにスティックを入れ、20分でまろやかな水素水が出来上がります。水素濃度を濃くしたい場合は5時間、飽和状態になるまでには10時間必要です。

1日2リットル作ったとして、6ヵ月間使用可能。ただし、1ヵ月に1~2度のメンテナンスが必要です。水道水の塩素を除去する効果もアリ。

  • 5本入り:15,750円

【水素博士】

1~2リットルのペットボトルにスティックを1本入れ、約30分で水素水が出来上がります。

水素博士で作れる水素水は、水素・カルシウム・水酸化マグネシウムを含んだ弱アルカリ性のミネラル水。水道水のカルキ臭も除去できるため、まろやかでおいしい水になります。

厚生労働省登録水質検査にも合格しており、安心して使用できます。

  • 1箱(3本入り):6,700円

【マグスティック365】

元気の水マグスティック365は特許商品。純度100%に近いマグネシウムと14種類の天然鉱石で構成されたスティックです。

出来上がった水素水は、溶存水素量100~500ppb。ミネラルが豊富で、体内異常発酵をを抑制する効果や水道水の塩素を除去する効果もアリ。クラスターが小さいためノド越しが柔らか、身体への吸収も速いのが特徴です。

クエン酸による定期メンテナンスを行うことで、1年間の使用が可能。

  • 1本:1,800円

【いい水素水】

ペットボトルやプラスチック容器に水と「いい水素水」スティックを入れ、約20分で水素たっぷりのアルカリ還元水が出来上がります。

富士山麓で有名な、バナジウム含有水になるのも特徴です。水道水の残留塩素を除去する効果もあり、まろやかでおいしい水になります。

水素の発生能力を保つため、1ヵ月に1度クエン酸によるメンテナンスが必要。試用期間は約6ヵ月となっています。

  • 4本入り:6,800円